ロハススタイルな家埼玉でつくる自然素材・健康住宅

TEL 048-290-3500

[営業時間]9:00-18:00 [定休日]火・水曜

お住まいの方のお声を紹介 お宅訪問

VOL.72015.1
さいたま市Sさま

シンプルにツートンでまとめた外壁と、片流れの違い屋根で美しくまとまったS様のお家。
周りも新築のお家ばかりの閑静な住宅地に建っています。
お母様のご自宅もオガワホームでお建て頂いており、S様とはその建築中からのお付き合いです。

この日はちょうど一年目の定期点検の日で、点検の合間にお話を伺いました。このお家ができてまもなく生まれたYちゃんは、まだ六ヶ月。お母さんがちょっと離れると、すぐ泣き出してしまいます。
今でこそ住宅地になっていますが、このお家ができたわずか一年前には、周りにはまだほとんど何も建っていませんでした。
この土地は、インターネット上の不動産情報サイトに公開される前に見つけたものです。取り扱っていた不動産業者さんが、一見強面な感じの方だったので、心配した営業担当がずっと一緒に付き添って行ったというエピソードも。実際には仕事もしっかりしていて、とても親切な業者さんでした。

「最近友達の家に遊びに行ったら、パソコンの配線やルーターを収めるのに随分スペースを取られていたんですよ。これを造ってもらって本当に良かったです」 そうS様が言われるマルチメディアボックスは、実は営業担当の手造り。キッチン前のカウンター下、何もしなければデッドスペースにもなりそうなところに、きれいに収まっています。
他に、小物が多いサニタリーにも、壁厚を利用した埋込み収納や、造りつけのカウンター収納が。「暮らしていると思った以上に物が増えるので、とても助かっています」

キッチンカウンター下のマルチメディアボックス
キッチンカウンター下のマルチメディアボックス
マルチメディアボックスの中
マルチメディアボックスの中
壁面を利用した収納
壁面を利用した収納
トレーニング器具
トレーニング器具

少し前までは現場の第一線でバリバリ働いていたというS様。仕事のやりがいも大きい代わりに、不定休でいつ緊急呼び出しがかかるかわからない現場勤務は、家族にはやはり負担です。
最近、たまたま内勤に異動となりました。S様ご自身は慣れない仕事に苦闘する毎日ですが、そのかわり土日はしっかり休めて、「今は助かっています」と奥様。
ご夫婦で協力して子育てをするためにも、休日のスケジュールが決まっていることは重要です。
それでもご主人様の方は、いずれ現場に復帰したいそうで、そのためのトレーニングにも余念がありません。二階にはこんなトレーニングマシーンも。「(現場を離れてから)少し太ってしまって」と苦笑されるS様。全然そんなふうには見えませんが。あ、私は基準になりませんよね。失礼しました。

S様のお家は、二階に広々とした主寝室と子ども部屋があるのですが、Yちゃんが生まれてからは、もっぱら一階の和室に三人で寝起きしています。
リビングとの続き間なので、エアコンもリビングと兼用だったのですが、寝室として使うようにしてから、和室単独でもう一台つけました。
それで、「今日じゃなくてもいいんですけど」と遠慮がちに言われるS様。下地の位置がわからないので、エアコンのリモコンケースを壁に取り付けてほしいとのことです。いえいえ、今やりますよ。実は家を売るより造る方が大得意の営業担当が、さっそく工具を取りに走ります。
下地の位置を確認して、ほんの一〇分で取り付け完了。照明用のリモコンの隣に、きれいに収まりました。大喜びのS様ご夫妻。こんなに喜んで頂けると、もっと他にもないですかと訊きたくなってしまいます。

床下収納から床下に入って行きます
床下収納から床下に入って行きます
楽しそうに作業する営業担当
楽しそうに作業する営業担当

「これも今すぐじゃなくても…」と言いながら、S様がリビングの二ヶ所を移動します。 あ、ほんとだ。かすかに床が鳴っていますね。でも大丈夫。原因はすぐにわかります。
土台にヒバの無垢材を使っているので、新築当初は季節によって木が若干収縮し、土台を支える鋼製束(つか)がゆるむことがあります。そのために鋼製束は、後からでも調整可能なように出来ているのです。
さっそく点検担当が、ヘッドランプをつけて床下に入って行きます。束を調整すること数分。これもすぐ直りました。
一年点検では、床下の緩みや水漏れを点検し、サッシやドアの金具などもひとつひとつ調整していきます。
木は生き物ですから、特に新築から一~二年、細かいところで歪みや緩みがでることがあります。それを丁寧に調整することで、長く安心してお住まい頂くことができるのです。

営業担当と一緒に。
Yちゃんは疲れておやすみです

ご近所の方々とは、まだご挨拶程度しかできていないというS様。でもそこはお互い新しく引っ越してきたもの同士。
「小さい子がいる家も多いようなので、子ども同士が遊ぶようになれば、自然と仲良くなれるでしょう」この先ずっとご近所さんですから、ゆっくりと長くお付き合いしていけたらいいですよね。

次の定期点検はまた一年後ですが、その頃にはYちゃんも、よちよち歩きなどしているのでしょうか。そして二年後、三年後…。
「子どもがもう少し大きくなったら、この家に友達を呼んだりもしたいです」 楽しみですね。私たちとも、どうかゆっくりと長くお付き合い下さい。