ロハススタイルな家埼玉でつくる自然素材・健康住宅

TEL 048-290-3500

[営業時間]9:00-18:00 [定休日]火・水曜

オガワホームの基礎構造

オガワホームの構造躯体

オガワホームの構造は木造軸組み構造です。

◆ 木造軸組工法(在来工法)◆

日本に古くから伝わる建築工法で、柱の上に梁をのせて構造体をつくる事から、軸組工法とよばれています。基本的に、柱、梁、筋交いといった縦横斜めの木の柱で軸をつくり各方向から加わる力を支える躯体構造になっています。

工程としては、鉄筋コンクリートで基礎となる土台をつくり、土台に木材を連結して、垂直に柱を立て、柱と柱の間の斜めの筋交いと柱外部に張る構造用面材により地震に対しての補強します。接合部分は、凸(ホゾ)部分と凹(ミゾ)部分とを正確に刻んでかみ合わせ、これを金物で補強します。この接合部分の加工には、熟練した技術が必要でしたが、今日ではコンピュータ制御で大変精密な凸(ホゾ)と凹(ミゾ)の加工が可能となりました。プレカ ット工場と呼ばれる加工工場でスピーディに加工することが出来るようになったことで、工期は大幅に短縮しています。


◆ 軸組工法と2×4(ツーバイフォー) ◆

木造には大きく分けて、軸組工法(在来工法)と、枠組み壁工法(2×4…ツーバイフォー)があります。
両者を比較したとき、軸組工法は間取の自由度が高い反面、耐震性能に劣ると言われることが多いようです。
太い材木をふんだんに使った軸組工法と、一見ベニヤ貼りの安普請としか思えない2×4。耐震性能で後者に軍配が上がる最大の原因は、床・壁など構造体のつくり方にあります。

従来の軸組工法では、土台や梁の上に根太と呼ばれる細い材木を渡し、その上に床を貼って行きます。このやり方だと、地震などの力に対しては土台・梁の太さ、接合部の強さといったいわば線と点で抵抗する形となります。床は切り離された形となり、構造上の役には立ちません。そのため、特に横からの圧力に弱いことが構造上の最大の欠点です。
それに対し、2×4は土台や梁に直接床合板を打ち付け、床を含めた面で抵抗します。
床が単なる仕上げ材の軸組工法に対し、構造上の意味をも持たせた2×4。安普請のように見えて耐震性能に優れているのは、こういうところに理由があります。

ならば、軸組工法でも2×4と同じ考え方で床をつくればいいのです。


Page-1 | Page-2 | Page-3
オガワホームの基礎構造