ロハススタイルな家埼玉でつくる自然素材・健康住宅

TEL 048-290-3500

[営業時間]9:00-18:00 [定休日]火・水曜

人にやさしい天然素材

オガワホームのロハススタイルをテーマにする家づくりでは、健康住宅を実現するための施工方法に限らず、毎日過ごす住空間に用いる素材にもこだわってきました。

単に自然素材を使うだけではなく、より効果的に、デザインにも色合いにもこだわったことが、女性や子供たちにも人気を得た秘訣(ひけつ)だと考えています。

既に見学会やWEBチラシなどでご覧になっている方も多いと思いますが、具体的にどのように天然素材を家づくりに利用しているかをご紹介したいと思います。

漆喰の壁が特に最近人気となり、見直されてきた背景には漆喰がもつ特徴が挙げられます。
珪藻土などと同様に調湿機能に優れ、水分が多い時は吸収し、湿度が高い場合は排出する特性があります。
防火・消臭機能もありシックハウスなどで問題となったホルムアルデヒドを分解するという報告もあります。

そして何より漆喰の大きな特徴として言えることが「自然な白さ、味わい深さ」ではないでしょうか。
内装や外装両方で使えることも利用範囲の広さに繋がっています。

この漆喰は適材適所で効果的に利用すると、本当に味わい深いオリジナリティ溢れる家になりますが、施工の際には、十分に漆喰のことを知り尽くしたプロがご家族の要望にしっかり応えます。

 

珪藻土とは、藻類の一種である珪藻の殻の化石などからなる堆積物(堆積岩)がベースです。
日本では古くから家屋などには用いられてきました。
調湿機能や、消臭・耐火などにも優れていて、アレルギー対策としても効果があると室内の壁などに利用されています。

 

サウナなどの床や壁に木が用いられていることは皆さんもよくご存じかと思います。
あれは木材が熱を伝えにくい性質を持っているからです。
空気をふんだんに含んだ木が夏ひんやりと感じ、冬にぬくもりを与えてくれる原因です。
特に杉は、針葉樹独特の比重の軽さから柔らかく視覚的にもソフトです。
自然が作り出した色彩と唯一無二の模様も魅力的で、この杉を用いた無垢の床がリビングや子供部屋などに選ばれるのも納得ができます。

 

今後注目の塗り壁
ユニプラルの塗り壁
ヨーロッパの物づくりの伝統と職人気質を継承して開発されたユニプラルは、
歳月を経るごとに味わいが増す上質な塗り壁。
ガラス質の骨材を主成分とする天然無機素材で、腐食・劣化が少ないばかりでなく、
発色がよく環境にも優しいエコマーク取得製品。
鮮やかな風合いと、洗練された飽きのこない落ち着きのあるこだわりの壁。

 

ロハススタイルな家では、ご紹介した自然素材をふんだんに利用したモデルハウスや、
随時 実際に施工した住宅の見学会などを積極的に企画しています。

既に住み始めた家におじゃまして、施主さん交えて話もできる”住み心地体験会”は、
予約必至の人気イベントになっています。

皆さまのライフスタイルやご希望に合った形で、お気軽に体験していただきたいと思っています。