ロハススタイルな家埼玉でつくる自然素材・健康住宅

TEL 048-290-3500

[営業時間]9:00-18:00 [定休日]火・水曜

家ができるまで

イベントから学ぶこと

家づくりをしようとしたとき、気になるのが相手の会社が実際にどんな家を建てているのか。 ということではないでしょうか。家づくりを経験した方からの意見を聞くと、

  • 住宅展示場に行ってみたけど、大きすぎて実際に建てたい家のイメージがわかない。
  • モデルハウスで使っている仕様で建てたいと思ったけど、金額が高すぎて提案受けた仕様とかけ離れてしまった。

こういったギャップを感じてしまうことも多いようです。せっかく“モデルハウス”と名のつく家を見せているのであれば、実際にお客様がイメージしやすいようなものであることが理想的なのですが、実際には大きくかけ離れてしまっていることがとても多いのです。

そこで実際に一度は足を運んでおいた方が良いのが、その会社で行なっている各種のイベントです。イベントに参加することでその会社の特徴を知ることもできます。

ただ住宅会社で開催しているイベントも様々です。景品を用意して客寄せを目的にイベントを開催しているところもあれば、本当にお客様にとって有益な情報や知識を持ってもらいたいと、目的意識を共有して開催しているところもあります。

ポイントは、その会社が自分たちのために行なっているのか、それともお客様のために行なっているのかという点ではないでしょうか。

住宅会社が開催するイベントとしては、実際に施主さんが住む家の構造や完成の見学会などがあります。他には住宅のセミナーを開催することもあるかと思います。家づくりを経験した方の中で最も多いのが、構造や完成見学会に参加したという意見です。それぞれの見学会には見るポイントというものがあるのでお話をしておきます。

構造見学会で知ること  

完成した家では見ることができないのが家の構造。冒頭に「今はどのタイプの会社を選んでも大きな失敗はないと思います。なぜなら、建築基準法の改正などによる厳しい法規制の中を生き抜いてきた会社だからです。」とお話をしました。そうはいっても構造は見ておきたい部分のひとつです。

構造というと、完成しては見えなくなってしまう部分なのですが、中でも見ておくポイントには大きく2つの工程があります。
ひとつは基礎工事の段階。ベタ基礎や布基礎といったつくり方はもちろんですが、コンクリートを流す前の鉄筋の段階も大切です。これこそ見えない部分の重要なポイント。
もうひとつは上棟後に柱などが組まれた骨組みの段階です。柱や梁などの構造材にどんなものが使われているのかを確かめることができるのはもちろんですが、施工の内容も見ることができます。
こういった構造を見学したい場合、住宅会社の案内方法も大きく2つに分かれることがあります。

  • 日曜など職人さんが休みの時に、現場に担当者が待機している時にしか行わない構造の見学会。
  • 建築中でも快く案内をしてくれる構造の見学会。

いずれも、お客様がみたい場所というものがかわってきます。
日曜などに行う場合などは、現場が動いていないので、見たいところを細かいところまでしっかり見ることができると思います。お客様の安全を考えて現場が動いていないとき開催していることが多いです。とにかく完成したら見ることができない構造部分をゆっくり見学したいとこう方はこちらがお勧めかと思います。

建築中に見るという場合は、また別な観点で会社を判断することが出来ます。
日曜など予め開催日が組まれている見学会だったりすると、事前に室内や外部など掃除をしてキレイにしています。こういったとき、職人さんの姿勢というものが見えてきません。建築中は職人さんが普段から清掃を行い安全面に気をつかって仕事を進めているかどうか、基本姿勢が見えてきます。
これから住まいづくりをしようとした場合、なんと行っても施工が始まってからが重要になります。完成してからでは見えない部分には、構造の部分と職人さんの姿勢というふたつがあることを知っておいた方がよいかと思います。

完成見学会で知ること  

おわかりの通り実際に住む家の建物が見られるというのが完成見学会です。

ここでも見るポイントというものがあります。

  • 図面上ではわかりにくい空間や広さがりなど感覚をつかむことができる。
  • 本当に健康で過ごせる家なのか、体感することができる。
  • 使われている素材や、部屋のぬくもりなど触れて感じることができる。

住まいづくりにおいて視覚、嗅覚、触覚なども養いイメージづくりをしておくことも大切です。注文住宅の場合、お客様の生活スタイルや個性もあるので全てが同じデザインや仕様というものではないかと思います。

しかし住宅会社が目指す方向性や個性というものは実際の建物に現れてきたりします。なので、完成見学会を見ておくことは任せる会社を選ぶ上でとても大切なことです。しかも、実際に住む施主さんの家なのでそれぞれこだわりというものもあったりします。

そういったこだわりや特徴を知ることで、将来住まいづくりを進めていく過程で重要なヒントが得られたりします。なぜなら「実際に住む家」にはただ見せるだけのモデルハウスにはない、実際に便利良く快適に暮らすためのアイディアが詰め込まれているからです。

それは、私たちとお施主様が一緒に時間をかけ搾り出したアイディアの集大成でもあります。実際に見学することで図面を見ただけではわからない、間取りや空間を感じること、照明のとり方、無垢材や建材の色・質感などを具体的に知ることができるのです。

お客様の好みが反映されたオンリーワンの家をつくれるということ。趣味も好みもすべて違うお客様の、それぞれの価値観に合わせた“自分流”の家をつくるための道しるべになると思います。